• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
 た・高い・・・
高すぎる アウトドアブランド
高すぎる 山ガール という ハードル

「山ガール」か~

ブームとあらば 続々
創刊される 専門誌

かつて 
ナチュ系ファッション誌が 
挙って創刊されたように

山ガール系ファッション誌も 
ジワジワ 創刊されていて

キテルんだな~
って感じです

でも・・・
なんていうか

「○○ガール」 と くくられてしまうと

まず   
もう それだけで
そこに 立ち入っては いけないような

見えない壁 を 感じてしまう 私です

ま~ 
仕方ありません
 
思う存分
自己投資が できる 
ガール達の購買力には
敵うはずが
ありませんから・・・


仕方ないんですよ
対象外でも・・・

でもね
私たちには

時間や お金は ないけれど

モノを見定める 
激安品を漁れる 図太さ
注目されない  悲しき気楽さ が あるので

一流品でなくとも
いいんですっ!!

自分が ピンと来たもの ならば
それで 十分!!

だって
子育て主婦 にとっての
「山系ファッション」なんて~のは 

流行った 丘サーファー 
みたいなもんで

やってる風~  
それでいい

本気で
に登るわけじゃなし

頑張って 
キャンプか バーベキュー

あとは 遊園地か 公園 程度の
アウトドア なのですから

一流の ハイテク素材である必要もなく
一流の 欧米ブランドである必要もなく

それこそ 汚れても気にならない
動きやすい服であればいいわけで
   
やってる風 で
いいんです   

しかし ね~
どんな路線でも そうですが

「ブーム」になってしまうと
そのスタイルを極める人が 急増

購買力のある方
すぐにでも 全身一流品
ファッションリーダー
成り上がれますが

そうでない人々は

1円でも安い類似品を 探し回ったり
小物や 組み合わせを 工夫したりして

ようやく その
足元に 立てるか 立てないか
って感じですから

苦労しますよ・・・

苦労 っていうか
もう それが 楽しいと思わねば

節約おしゃれなんて 
やってられないっすよ
ね~~~~~~!?


と いうわけで
気になっている という方は

とりあえず ま~
やれるだけ やってみましょう  

アウトドアブランド風
トレンドアイテム

小物なら
¥1,000 未満で 買えちゃいますから

買うのであれば 小物がイイ
と 思います♪ 

たとえば
サンキ: レッグウォーマー右)¥499 左)¥970
002.jpg
エスニック雑貨屋: 民族調マフラー¥997
003.jpg
しまむら: マルチボーダーハイソックス¥380
004.jpg
~女心と 秋の空~

明日には 冷めてしまうかもしれない
今の気分を満たすだけなら
安いモノで 十分でしょう 

で、どんな感じになるか 
と いいますと・・・

に 散々お世話になった
ゆるめのハーフパンツを またまた引っ張り出してきて
レギンスに 合わせりゃ~

なんとな~く やってる風?
006.jpg

フツ~のカーゴスカート(サンキ:¥970)を
旬な「山スカート」風
デニムレギンスなんかと合わせ

民族調マフラーでも
グルグルすりゃ~

なんとな~く やってる風?
008.jpg

なんてことないシンプル普段着
 
アウトドア風 
個性派足元アイテム
ちょこっと 足すだけで ↓↓

なんとな~く やってる風? 
011.jpg
009.jpg
010.jpg
ん~~~
主婦には インパクト ありすぎですかね?

でも、今時の 山系
もっと カラフル&クレイジー

このくらいは 
主婦だって ありでしょ~

それから・・・
小物 ではないのですが

しまむら の 
マウンテンパーカー¥1,470
みたいな 気楽に着られる
激安アウターが 1枚あると 

簡単に 「山感」が出せますし 
ボロ隠し & 防寒 & 防汚 にと
なにかと 便利だと思います 
012.jpg
・・・・  
こんな感じで
なんちゃって(古)山ガールくらいになら
なんとか なれそうでございます♪

スミマセン・・・

勝手な趣味
話を進めてしまいましたが

最後までお付き合いくださいました皆様
誠に ありがとうございました。 

にほんブログ村 ファッションブログ 激安系へ 

ところで また 
勝手な話 なのですが

先日 ボ~ッとテレビを見ていたら

アラフォーの星
プロテニスプレイヤーの
クルム伊達公子さん(40)が ご出演されていて 

「常にチャレンジ
     限界はつくらず」
 

という メッセージを色紙に書いておられました。 

特別な言葉ではないけれど

なんだか
とてもまされ
勇気づけられた気がいたしました

まだまだ やれる 私たち !?

まだまだ いける 
私たち !?


たとえ 暴走と言われても

チャレンジ!!
し続けますよ~~~~

ボケ防止のため・・・(深刻問題)

※ インフルエンザ 予防接種開始の時期ですので 
  お受けになられる予定の方は ご予約などお忘れなく 
スポンサーサイト